=深爪マイル☆LIVE IN=

マイル・ポイントを貯めてお得にハワイに行こう

クレジットカード ポイントサイト

新生活や留学の準備にも・高校生が作れるクレジットカードは?

投稿日:

高校生がクレジットカードを作ろうとして申込み条件を確認すると「高校生は除く」と書かれており、作れないのではないかと思っている方、クレジットカードは作れます
高校生の時期に作るクレジットカードとなると初めてのクレジットカードでわからないことも多いと思います。ケースに合わせておすすめカードを紹介したいと思いますので参考にして下さい。




高校生でクレジットカードが必要な理由

まず、クレジットカードが必要となった理由として大きく3つあると思います。

結論としては、どちらのケースにおいてもクレジットカードを持つことはできますが作ることができるカードが異なりますのでそれぞれ分けて説明します。

高校在学中、留学用に持つことの出来るクレジットカード

・クレジットカード

残念ながら自分(高校生)名義のクレジットカードは持つことが出来ません。(※高校3年生は例外あり)しかし、親名義のクレジットカードの家族カードとして持つことが出来る場合があります。家族カードとは、本会員(親)がいれば、その家族もクレジットカードを利用できるサービスです。家族カードの発行も基本、18歳以上が条件となっていますが例外として留学による海外利用に限って家族カードの発行が認められるカードがあります。家族カードの発行手続きは、自分では出来ません。本会員である親にお願いして発行してもらいましょう。なお、限度額は、本会員と共用する形になりますので使いすぎに注意しましょう。

海外留学で家族カードを発行するおすすめクレジットカード
海外留学でクレジットカードを持つと人気のフィリピン留学等、東南アジアでも支払いにカードが利用できます。留学先がカード社会である欧米であればなおさら、当たり前に使用できます。また万が一、盗難にあっても利用停止手続きできたり、不正利用が保証されるメリットもあります。さらなるメリットとしてクレジットカードに付帯している海外旅行保険挙げられます。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、滞在中の病気になったとき、その現地での治療費を補償してくれるものです。本来の目的は海外旅行のため、旅行開始から90日までが対象です。それを超える留学の場合は別途、海外旅行保険を検討しましょう。
自動付帯と利用付帯
・自動付帯はそのカードを持っているだけで適用されます。
・利用付帯は海外留学費用をそのクレジットカードで支払ったときに適用されます。(出国前に利用)
 どちらがよいかと言えば間違いなく自動付帯なので自動付帯が付いたクレジットカードを選びましょう。
補償内容
・大きく死亡の保障と疾病治療の保障があります。
海外での治療費は高額となりますので補償が手厚いものを選びましょう。

自動付帯かつ補償も充実したカードとしてこちらがオススメです。
三井住友ゴールド(年会費:初年度無料、翌年から4000円(税抜)~)
疾病治療:300万円
家族カード:1枚目無料
※海外旅行保険込で考えるとゴールドカードの家族カードのほうが安心できると思います




では、高校生が留学以外の目的でクレジットカードは作れないのかという疑問が残りますがそれについては代替のカードを作ることで実質、クレジットカードに近い利用が可能となりますので続いてそちらをご紹介します。

その代替となるカードは「デビットカード」と呼ばれるカードです。上記、画像のようにクレジットカード同様、JCB、Visa、Master等国際ブランドが付いています。例えば、楽天銀行のデビットカードであればVISAと付いていますのでVisaに対応しているお店であれば使用できます、ということです。正確には、一部の加盟店で利用できないところが存在します。

・デビットカード

デビットカードとは、支払いの度に登録口座から引き落としがされる預金残高が限度額となるカードです。使い勝手はクレジットカード同様です。後日引き落としではないため、入会審査がないこと、15歳(16歳)から申し込みできることが特徴です。発行手続きは自分で出来ます。手続きの中で本人確認書類が必要となるので事前に用意しましょう。カードによって認められている書類が異なります。運転免許証または写真付きマイナンバーカードを持っていれば問題なく利用できますが写真のない健康保険証等は不可の場合がありますので注意して下さい。無事、本人確認書類の提出が完了するとカードが送られてきます。


国内でも海外でもお得なカードとしてこちらがオススメです。
Sony Bank WALLET(Visaデビットカード) 15歳以上
海外でも便利なカードですので2枚目としていかがでしょうか。メインカードにも十分ですが万が一(紛失等)のバックアップとしても持っていて損のない1枚です。ソニー銀行のアフィリエイトがないためオススメ情報は少ないですが私としては海外利用でイチオシです。
・外貨預金口座からの決済が無料
 ドルでの支払いはドルの外貨預金から引き落としてくれますがそのときの手数料がなんと無料です。
・キャッシュバック率が0.5%~(最大2%:外貨預金+投資信託残高で変動)
 口座に自動入金されるため、ポイントのような有効期限の心配は不要です。
ソニー銀行の口座開設キャンペーン情報

ポイントバックがお得なカードとしてこちらがオススメです。
楽天銀行デビットカード(Visa) 16歳以上
ポイントバック率が1.0%
デビットカードの中では還元率が突出しています。
楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍
楽天でよく買い物をする方にとっては嬉しい特典ですね。

進学・就職準備として持つことの出来るクレジットカード

・クレジットカード

18歳でも高校生だとクレジットカードが作れませんが高校3年生の1月を過ぎると自分名義のクレジットカードを作る方法があります。申込み条件の「高校生は除く」を突破する裏技があるわけではなく、「高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申込みいただけます」という条件のクレジットカードが存在するのです。



そのクレジットカードがイオンカードです。18歳以上という条件は他のクレジットカード同様存在しますので早生まれの場合には誕生日になってから申し込みしましょう。

発行手続きは自分で出来ますが自分名義のクレジットカードの発行手続きにあたり、まず事前に親権者の同意を得ましょう。あとで同意確認の電話連絡がありますが黙って申し込んで聞いていないと答えられてしまったら発行されません。また、初めてのクレジットカードの限度額はきっと5万円か10万円になると思います。限度額は、自身の経済力と信用力から決まりますが学生であるため、一番低いところに設定されるのが一般的です。例えば、最初は5万円でも毎月きっちり引き落としが出来ていれば何れ10、20万円に上がっていくので支払いが滞らないように注意しましょう。

イオンカードの中でもこちらがオススメです。

イオンカード(ミニオンズ)
ほかにもイオンカードがありますが違いとしてミニオンズには以下の特典があります。
・イオンシネマの映画料金がいつでも1000円
 大人1800円のところ、いつでも1000円になる特典が同伴者も利用できます!
・USJでの利用でときめきポイント10倍
 通常、ポイントは0.5%ですがUSJでは5%と大幅アップ!
以下は、イオンカード共通ですがこちらも適用されます。
・イオングループの対象店舗での支払いでときめきポイントが毎日2倍
・毎月20日30日のお客さま感謝デーは全品5%OFF
・毎月10日ときめきWポイントデーはポイント2倍

映画も見ないし、USJも行く予定がない方には、イオンJMBカードイオンSuicaカードなどはいかがでしょうか。その名の通り、JALのマイレージ、JR東日本のsuicaが一体となったカードです。

陸マイラーとして高校生が持つことの出来るクレジットカード

ここまでの説明の通り、陸マイラーとしてクレジットカード発行案件に申し込めるのは高校3年生の1月以降となります。初めての1枚にどのカードを作るか迷うところですが未成年(20歳未満)のうちは親権者の同意が必要です。作れるようになったからと言って何枚も同意を得るのは難しいと思いますので本当に欲しい1枚を吟味して申し込みしましょう。




また、クレジットカードよりは貰えるポイント数が少ないことが多いですが合わせてデビットカード発行案件も検討してみましょう。こちらはクレジットカードとは異なり、親権者の同意が不要な場合が多いです。デビットカード紹介でも書きましたが本人確認書類は必須となるのでこれだけは忘れずにチェックして下さい。

もらえるポイント数が多いクレジットカードとしてこちらがオススメです。
イオンカード(ミニオンズ)
高校生のうちに作れるクレジットカードは現在のところ、オススメとしたイオンカード一択です。急いでいないのであれば、卒業後の4月まで待つほうがさらに獲得ポイント数が多い案件に申し込みできます

<獲得ポイント>(2019年1月現在)
モッピー ⇒ 1500円相当(1500ポイント)
ライフメディア ⇒ 1250円相当(1250ポイント)
ハピタス ⇒ 1250円相当(1250ポイント)

もらえるポイント数が多いデビットカードとしてこちらがオススメです。
三菱UFJデビット(JCB/VISA)
・スマートフォン・パソコンでいつでもどこでもお申し込み!
アプリから申し込みできるので手書きで申込書を書く手間が省けます。
・運転免許証・健康保険証・個人番号(マイナンバー)カードでカンタン申込!
本人確認書類として健康保険証が使える点がポイントです。
・口座開設時の印鑑が不要!
銀行口座を合わせて開設しますがそのとき印鑑が要らないのは銀行口座としての利用でも便利かと思います。

<獲得ポイント>(2019年1月現在)
モッピー ⇒ 4000円相当(4000ポイント)
ライフメディアJCB/VISA ⇒ 5000円相当(5000ポイント)
ハピタス ⇒ 2500円相当(2500ポイント)

クレジットカード、デビットカードを紹介しましたが目的にあったカードは見つかりましたか。申込み自体は難しいことはありません。早速、申し込みしてみましょう。







-クレジットカード, ポイントサイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クレジットカードまとめて発行で31700円キャッシュバック 7月16日まで!

クレジットカードの発行だけで15,850円もらえるキャンペーンがダブルで開催されています。つまり、合わせて31,700円にもなります。しかも別途最大8,000円もらえるキャンペーンも開催されており、合 …

【限定】2%還元カードがポイントサイトに再登場

無料で発行できるプリペイドカードのKyash Visaカードがポイントサイトに再登場しています。プリペイドカードのため、誰でも審査なしで作ることができるカードです。

クレジットカードまとめて発行で40,000円キャッシュバック

クレジットカードの発行だけで20,000円もらえるキャンペーンがダブルで開催されています。つまり、合わせて40,000円にもなります。しかも別途最大10000円もらえるキャンペーンも開催されており、合 …

【最短即日発行】エムアイカードプラスゴールドを作って25000ポイントもらおう

ゴールデンウィークに10%ポイントバックキャンペーンが開催されるクレジットカードとしてご紹介したエムアイカードプラスゴールドの新規発行でポイントが増量されています。店頭受け取りで最短即日発行されるため …

初年度無料のクレジットカード発行で22100円キャッシュバック 3/26まで

クレジットカードの発行だけで22100円もらえるキャンペーンが3/26までの期間限定で開催されています。しかも別途最大10000円もらえるキャンペーンも開催されており、合計すると32100円です。初年 …